あなたっていつも荘

箸にも棒にもかからぬ生きた証と観劇記録を記してます

7月12日(火) ただ外面の対応が上手くなっただけ

夏バテ気味なのか、1度に食べられる量が減って、食パンもおにぎりも完食できなくて自分に驚いた。胃が受け付けないでストップって言ってる感じする。いつもはモリモリ食べられるのでこういうの全く経験ない。咀嚼してたら気持ち悪くて出しちゃった。チューイングとは気持ちが違う。こんな状態で飲み会したら吐きそうになった。胃に負担かけないように、無理に食べないようにしたい………

5月の研修期間に話した人と再び会った。「明るくなった。以前は心配だった」と言われて、いやそんなことないだろと思った。けど、シェアハウスしてた人からも、顔つきが外に出ている人の顔になったと言われたのだった。うーん、本当に変わったのかもしれない。

と思ったけど、そんなことはないだろう。さすがに。

とかいいつつ、「ほんとですかー!」みたいな返答してるので、なんかこう俗…って感じ。

毎日10人近い人と会って話している。その人がいる場所へ行く。だから何かしら世間話をするわけ。共通の話題探したり自分の引き出し引っ張って話そうとするのが今までは苦痛で、必死にやってたり気が向いたらやったり持久力なかったりしたけど、いまは相手に楽しんでもらいたい(すると仕事が円滑になるから)と、積極的に話してる。それで鍛えられた部分はある。自分が対処できる人のパターンが増えているんだと感じる。

けど別にそれが単純にいいことだとは思わない。ただアウトプット(としか語彙的に表現できない)が上手くなったのかもしれないけど、自分としては内面が充実していってる気はしない。

まあでも平日にできることがアウトプットになるのは仕方ないだろうな。やっぱり休日がだいじ。自分の時間に演劇見たり本読んだりぐちゃぐちゃ考えてるのが私だと思うのでそこ大切にしたい。浅い仕事の会話に呑まれたくないし、場繋ぎでへらへらするのはいいけどそれに終始するのは嫌だな。このまま適当に流してると中身ないのに気が付かず時が過ぎていってしまう。

とか書いてたけど、でも以前の飲み会ではなんか悲しい話ばっかしてた(上司にするような楽しい話が思いつかなかった)し、今は楽しい話題でかつウケが良さそうなネタがあるので、明るく見えているのかも。実際に私って、今楽しいのかな、前より。わかんない。何者にもなれなさそうなことばっかり毎日してるのに楽しいのって何でだ。

やっぱ自分が楽しい状態でいることに罪悪感があるんだろうから、こんな風に面倒に考えてしまうんだろう

労働で、自分が◯◯不足だったのを指摘されて受け入れられなくて上司に逆ギレみたいなことしちゃった。逆ギレというか半泣きで拗ねるというか。あほ。

ふと歩きながら思ったけど仕事で学んだのって図々しさな気がする。全然、かっこいいこと言えない。この仕事続けてたら色々麻痺っていくだろう。他人の気持ち考えない人になっちゃいそう。嫌だなあ

まだ若いからいい人見つかるよとか言ってくる人もうgood nightという気持ちなんだけど…絶対こうはならん。せめてヒアリングしろ