あなたっていつも荘

箸にも棒にもかからぬ生きた証と観劇記録を記してます

210926 22歳でやっと人間関係のキャパ自覚した

9月26日

誠実さに欠けている。

「この人と付き合うのはキツい」と思っても、相手からグイグイ来られるときっぱり断ることができない。「でも良いところはある」とか「後々お世話になる可能性がある」とかで保険をかけて、交流を続けてしまう。で、何度目かのお出かけの1週間前くらいから具合が悪くなって、連絡絶ったりドタキャンしたりする。

大学に入ってから交友関係が恐ろしく広がって、かつネットも発達したせいで常に誰かと繋がっているような状態になった。しんどいからフェードアウトするようになった。

小中高は部活を基盤に少数の友人がいれば十分だと思っていたので、広い友人関係をやりくりする経験値を積んでこなかった。上京後は面白い人たちにいっぱい出会う経験をして「人脈は宝だ」と思うようになった。

そんで調子に乗っていろんな人に声かけて情報共有しようとした。初めて出会った緊張感や高揚感がある時期は問題ない。だけど私は自分中心・自分がやりたいことだけやっていたい人間なので、相手の連絡がうっとおしくなる。関係性の事後管理が出来ない。これがヤバい。

自分から連絡しないで自然と疎遠になるパターンはマシな方だ。関わりたくないのに相手からガツガツくるパターンで失敗した。広く浅くを始めた大学3年から現在に至るまで、2人から本気で怒られ、1人と絶交した。顕在化してないだけで不穏予備軍は5人前後いる。非常に情けない。

22歳になってやっと、人には人の人間関係におけるキャパがあるんだと実感した。というか、昔は好きじゃなかった人との関わりが好きになった、と思い込んでいた。違った。

更に摂食になって、狭かったキャパの余裕がさらになくなった。理想と現実にはギャップがある。

色々な人と関わるのは楽しいけれど、無理なものは無理だ。手に負えないなら初めから踏み込みすぎないことだ。自分にできる範囲でやっておけば、取り返しのつかないトラブルにはならないので幸せだ。

ただ1つ、ここでなら愚痴っていいと思うので書いちゃう。昨日怒られが発生し、「仕事でも同じようにやったらいいんじゃないですか」と言われた。その時は反省したけど、トイレでぼんやりしてる時「それは違うんじゃないの」と思った。

仕事だったらやり取りしてる間もお金が発生する。だから責任持ってやるさ。でもあなたとのやりとりでは一銭も貰えないでしょう。セクハラまがいの発言や、人を馬鹿にするようなことばかり言ってくるから、私は嫌になったのだ。

「あなたも仕事でも同じようにやったらいいんじゃないですか」。そう思ったけど、相手のためになってしまうのでやめておいた。

【毎日の質問】
○朝卒論やったか?
×
○やったことログ取ったか?明日やることメモしたか?
×
○文章を読んで、書くときに生かしたか?
Na
○どれくらい運動したか?
バーピー3分、腹筋3セット、スクワット2セット、ヒップ系、プランク動画1分
○今日チャレンジ(広義)したことは?
Ae導入した〜
○今日よかったこと、嬉しかったこと、偉いな〜ってことは?
デルタルーン始めた!面白すぎ。